奈央ちゃんファンによる奈央ちゃんファンの為の、ディメンション・ゼロとのつき合い方。(その17)

昨日、今日とカードの整理をやってました。

今まではカードが大量に入る箱を使っていたのですが、枚数が1600枚を越えた為、「そろそろ自分が何を持っているのか把握出来るようにしよう」と思ったのが切っ掛けです。

カードホルダーを大量に買い込んで、まず色で分け、更にコスト、パワーという順に仕分けをしたのですが、カードの量があるため、思っていた以上に作業が難航してしまいました。

先程、全ての色の仕分けが終わったので、改めて眺めてみたのですが、こうすることでバラバラだったときには気づかなかった事が見えてくるようになりました。

ま、これだけでも仕分けをした価値はあったかなと言う気がします。

さて、今回は前々回に紹介した(と書くのもおこがましいものですが)赤単のデッキを改良してみたと言う話をしようかと思います。

前々回に紹介したデッキは

拳闘戦鬼豪腕丸×2 
毒ある蛇トッコニ×2 
太陽の輝きペケレチュプ×2 

不言のカペラ×2 
偵察戦鬼一眼蟲×3 
魔甲タンク馬頭×3 
マスター白刃ブレード×2 
破壊竜ドゥーチー×2 
魔甲バイク鉄鼠×3 ボンガ・フー×3 
破壊竜ジーガンパオ×1
逆鱗のコルプス×1 

ストラテジー
ノヴァ・コマンド×3 
バターリング・ラム×3 

ベース
マッドレースサーキット×2 
陽炎の陣×3 
トロイホース×3 

と言うものだったのですが、これだと隊列召還が出来ても短期間でスマッシュを大量に入れるのは厳しいと言うことに気づきました。

ニトロ・カタパルトを入れるとこれが解消されるようにも思えたのですが、赤を使っている時点で警戒されてしまうことが多く、それ故に対策をされていることが多いことから、自分のデッキには採用していません。

では、これを何で補おうか?と言うのが第一の改良点。
それと、隊列召還する直前、敵軍エリアに進軍した際に、そのユニットが倒されないようにするにはどうすればいいか?と言うのがもう一つの改良点となります。

毒ある蛇トッコニは隊列召還が決まるとリリース状態で置かれますが、拳闘戦鬼豪腕丸と太陽の輝きペケレチュプは置かれたターンはフリーズの状態になっています。

リリース状態に戻すカードは幾つかありますが、今回は自分の好きな種族(コロボックル)の中から引き潮シララアンを採用しました。
コストも3なので、陽炎の陣からも直ぐに出せるという点、一度スクエア上に出ることが出来れば、毎ターン1ユニットは手札やプランゾーンからプレイされてもリリース状態に出来ると言う強みがあります。

二点目の改良点はマスター白刃ブレードを辞めて、逆鱗のコルプスを3積みしてみることで解消出来るのではないかと考えました。

逆鱗のコルプスが敵軍エリア中央に進撃しやすい移動コストであることに加え、ユニットからの攻撃を受けないので、黒以外の色だとその除去に手間取ると考えたからです。
勿論、除去されてもそれほど痛くないユニットですし、3コスト以上のストラテジーであればそれなりのコストアドバンテージも得られると考えました。
敵軍エリアでチマチマとスマッシュを打ち続けるのもいいかな、と思ったのでこれを採用しています。

あとは破壊竜ドゥーチーを辞めてトッコニと豪腕丸を増やしたことで、隊列召還をし易い環境を整えてみました。

相手が警戒してしまうと決めにくいと言う欠点もありますが、元々ウィニーのデッキなので、スクエア上への展開力があります。
何回かテストしてみましたが、大体10ターンあればそれなりの形になるので、後は相手の出方次第と言う感じになりそうです。


閑話休題。
カードが増えてきたことで、全ての色のデッキが組めるようになりました。
現在は
赤単:上記の隊列召還)デッキ
白単:ドラゴン・バルク練習用
緑単:ドラゴン・バルク練習用
青単:艦隊、ウィニーデッキ
青黒:絶望デッキ
赤緑:コロボックル
と言う6つのデッキが組んである状態です。

青は知り合いの中でも使っている人が少ないので、コレを敢えて使っているという部分もあります。
また、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」と言う意味もあって、一応全ての色を試すようにしています。

知り合いというか仲間内で「自分はこの色しか使わないんで…」という人がいます。
それが悪いこととは思いませんが、自分がプレイしない色でも「どんなカードがあるのか?どんなことをしてくるのか?」と言う部分は知っておいて損はないと思っているんですよ。

なので、そう言う人にその人の知らないカードで対戦するということもやっています。

ま、タダ単に自分が新しい物好きだったり、移り気だったりするのも理由の一つではあるんですが…(苦笑)。

そんな感じで今日はお仕舞いです。
次回は、自分も気づいてなかったデッキ構築の際の考え方でもお話ししようかと思ってます。
[PR]
by kuon_chocolate | 2007-05-05 02:09 | ディメンション・ゼロ


<< 奈央ちゃんファンによる奈央ちゃ... 奈央ちゃんファンによる奈央ちゃ... >>