奈央ちゃんファンによる奈央ちゃんファンの為の、ディメンション・ゼロとのつき合い方。(その8)

■久遠のデッキ構築法。
※威張れる話では無いので、「こう言う方法もある。」という感じで読んで貰えればいいと思います。


デッキ構築は全く知識が無いと、「何が強いカードで、どういう戦い方をしていいのか分からない。」と言う状態になってしまいます。
そこで、自分の場合は公式サイトやファンサイト、ブログなどに掲載されているデッキレシピを参考にしながら、手持ちのカードでそれに近い物を作ります。

まあ、模倣というか、早い話が人のデッキをパクってるんですよ(爆)。


開き直った意見だとは思いますが、最初はどうやっても強いデッキは作れません。
手持ちのカードもそれほど多くなければ、デッキ構築の幅も狭まってしまいます。

なので、自分の場合は、強い人やゲームに精通している人のデッキレシピを参考にしながらデッキ構築をするようにしています。

但し、この模倣には欠点もあります。
それは自分も感じたことですが、「そのカードの本当の使い方」が分かっていないと、例え優勝した人と同じデッキを組んだとしても同じように勝てないと言うことです。

それはデッキを使い込んでいくウチに分かることもありますし、人と対戦したりして気づくこともあります。
そうやって経験していくことで、ゲームの駆け引きやカードの使い方を覚えていけばいいと思っています。


最後に、自分が今まで組んだことのあるデッキと、その色の組み合わせを紹介しておきます。
※組んだ順に並んでいますので、その遍歴も見て頂ければと思います。

・ベストスタートデッキを軸にカードを入れ替えた物(赤白)。
・ストラクチャーデッキ 美女と野獣から緑のカードを多く取り入れたデッキ(緑白)。
・試験的に作成した赤黒デッキ(黒のストラテジーがどういう動きをするのか確認する為に作成したものでした)。。
・ストラクチャーデッキ 騎士道の誇りから、緑のカードを全部抜き取り、白単色で構築したデッキ(白単色、フロッグナイト中心の団結デッキ)。
・上記のフロッグナイトのデッキに赤を足したもの(白赤)。
・セカンドセンチュリーを購入後に作成した赤緑のデッキ(赤がメインで、緑はエネルギーを増やす為のものとして入れてあります)。
・長澤杯に出場する為に組んだ、青単色デッキ。
※これはグランプリ4で上位入賞した方のデッキを模倣したモノです。

・同じく長澤杯に向けて作成したコロボックル中心の種族デッキ(赤緑)。

見て頂ければ分かると思いますが、黒はこの前、試験的に作った物以外は使用したことがありません。
※最初作った赤黒のデッキはあくまで動きを見る為のものである為、実戦投入というところまでは至っていません。
それまではカードのテキストを読んでも効果が今一つ分からず敬遠していたと言う部分もあります。

今は、先日掲載した奈央ちゃん宛のものとは違う、黒のデッキを組んでいます。
緑のストラテジーを補助的に使い、あるカードを軸とした変なデッキなのですが、まだ2種類のカードが揃ってない為、未完で終わっている状態です。

次回は、以前使っていたデッキレシピの話か、自分が好きなカードの話でもしたいと思います。
[PR]
by kuon_chocolate | 2007-02-18 00:48 | ディメンション・ゼロ


<< 奈央ちゃんファンによる奈央ちゃ... 奈央ちゃんファンによる奈央ちゃ... >>