奈央ちゃんファンによる奈央ちゃんファンの為の、ディメンション・ゼロとのつき合い方。(EX2)

■今回は「暴走!機動要塞」で気になったカードを紹介してみたいと思います。
※数がいくつかあったので、これも何回かに分けて紹介していく予定です。


2BOX購入では、全てのカードを見ることが出来ませんでしたが、公式サイトからexcelファイルのカードリストをダウンロードして、一応、カードの詳細は一通り確認出来ております。

その中で個人的に気になったカードを幾つか紹介していこうかと思ってます。
紹介も一度にしてしまうと長くなりますので、小分けにして出来る限り読みやすい分量で区切っていく予定です。

まず最初に紹介するカードは、各色1種類ずつ追加された団結カードです。
この団結と呼ばれるカードは、他のカードと違い1つのデッキに3枚という制約がありません。
なので、40枚全てを団結と書かれているカードで構成することも可能です(最も、その状態では絶対に勝てないデッキになってしまいますが…)。

ファーストセンチュリーの勝利への計略にて、この団結カードは初登場となったのですが、既に出て1年経っている事から、大分攻略されたカードとも言えます。
※最も、先般行われたグランプリ4の準優勝者は緑の団結デッキ(アメーバーデッキ)を使っていたので、必ずしも勝てないと言うことではありませんが…。

前回の団結の効果のあるカードは、全てプランゾーンを作成する事によって、その効果を最大限引き出せるカードとなっていました。
白のフロッグナイトはフロッグナイトの強化(+2000)、赤のブレードマスターはそのカードが墓地に置かれた時、対象のユニットに3000ダメージ、黒のデビルクロックはこのカードに勝つと、手札の一枚を山札の一番上に置く(手札破壊ですね)、緑のアメーバーは、そのカードが墓地に行く代わりにエネルギーになる、青はそのカードが墓地に行った時、山札の一番上のカードをプランゾーンとして表向きにすると言うモノ。
因みにここでの効果は同種族のみに有効である為、ベースなどで種族の追加が無い限りは、その種族のみに適用されるルールとなります。

今回発売された「暴走!機動要塞」に収録されている団結のカードは青を除くと、低コストでそれなりのパワーを持っています。
その為、ゲームの序盤でこの団結のカードを多数展開されると、対戦相手にとっては少々辛い状況を作り出すことが出来そうな感じがします。

逆に青の団結デッキはパワーこそ、1000と低めですが1ターンに1回は移動コスト0で移動が出来ると言う変わった能力を持っています。
自分はこのカードを使いこなす自信が無いのですが、使いこなせると面白いカードではないかと考えています。

因みに新しく追加された団結のカードは
マスター白刃ブレード(赤)
悪運時計ハードラック(黒)
カニソルジャー(青)
マウンテンツリー・ナイト(白)
変幻獣バブルバガー(緑)
の5種類です。

元々、団結デッキは結構好きなので、今回追加されたカードで新しい団結デッキを作ってみようかとも考えています。
[PR]
by kuon_chocolate | 2007-01-30 22:08 | ディメンション・ゼロ


<< 奈央ちゃんファンによる奈央ちゃ... 奈央ちゃんファンによる奈央ちゃ... >>